周波数分野がまったく理解できないのはなぜなのか

 

よく理解できない。

この三週間、実験で行ったがまったく理解できない。おかげでレポートもまったく進まず、これは遅れて出すことが確定してしまった。

 

そもそも変調方式を一から学ぶとなった時、あらゆる数学公式を必要とする。

私は数学に弱いのでそのためだと思う。

 

さらに言えば、この周波数分野は細く再分割して、ミクロ的な視点で扱うことができない感じがしてまったくイメージがわかないのだ。

 

アナログ信号は連続的であるというのは、つまり連続的に同じ波がくるのかもしれない。でもこないかもしれない。もうよくわからない。

なにから手を付けるべきなのか、数式を見た時点で思考が遮断してしまう。

その理由は、その計算。私の場合、その数式を一から分解して、自分で導出し、さらに実際の値を入れ込み、そして現象を図で思い浮かべて、ようやく理解できたとなるのだ。いや多分皆さんそうでしょうけど、、、。

だけど、この場合、ある波形を図に起こすまでどれほど計算すればいいのかまったく理解できない。アナログだし。テストも近いし、もうやだ。

でも自分はやるんだろうな、バカだから。